遮熱+二重野地(通気) Y’sの家づくり【4】 木摺+漆喰の家

今回の建物の2階部分の天井は勾配天井になります。勾配天井は小屋裏の空間が取りづらい為、夏場などは高温になりやすいのを低減させる事や小屋裏に

溜まりやすい建物全体の湿気や熱を外部に逃がす性能をあげるために、Y’sでは勾配天井時には、下地野地の上に『遮熱シート』を敷設し、さらに湿気や熱

を逃がす為の通気層を確保した上で、上野地+屋根材葺きを行う、『二重野地』にて施工をします。勾配天井だけでなく、ロフトや小屋裏収納などの夏場の

高温を少しでも緩和が出来、夏場のエアコン代を低減させる効果や壁内の通気性能を向上させる効果も屋根の通気層が担っているのです。今回の建物では

採用はしていませんが、換気システムを設置する事よって、夏場の熱を強制的に逃がす事だけではなく、冬の時期は屋根の通気層で暖められた熱を集め、

床下まで強制的に循環させ、建物全体の暖房をする事も可能で、温熱環境を一気に向上させる換気システムも設置が可能です。※現在、換気システムの

詳しい説明を編集中です。詳しくはお問い合わせ下さい。

 

下野地 湘南 ワイズ

下野地 杉の厚さ30mmの本実板仕様。中央の隙間は湿気抜き。これほど厚い屋根下地はワイズだけ(笑)

 

 

湘南 ワイズ通気 湘南 ワイズ通気 湘南 ワイズ

遮熱シートは機密性能を高める為、全ての隙間はテープで留めます。その上に通気桟を設置します。採用した遮熱シートは、透湿性能に加えて、遮熱効果

があるシートを採用。外からの日射を表面のアルミ材で輻射させ、通気層で空気の対流を起こし、軒先の上下に設けた通気口から、熱気を抜きます。

この工法は、屋根に限らず、Y’sでは外壁部にも遮熱シートを標準で採用しています。

※テープを貼らないと機密性が落ち、性能が著しく低下してしまい、意味が無くなってしまいます。

 

 

通気イメージ 湘南 ワイズ

屋根 通気イメージ

 

上野地 湘南 ワイズ

 上野地。下野地と同じく杉で厚さ12mmの板材。この上に防水紙を貼り、屋根を葺きます。

ワイズ 湘南 

◆ Y’sの家づくり【9】 木摺+漆喰の家  羊毛系断熱材

◆  Y’sの家づくり【8】 木摺+漆喰の家  木摺+漆喰②(高強度漆喰・瀬戸漆喰)

◆  Y’sの家づくり【8】 木摺+漆喰の家  木摺+漆喰①(高強度漆喰・瀬戸漆喰)

◆ Y’sの家づくり【7】 木摺+漆喰の家  遮熱外壁通気

◆ Y’sの家づくり【6】 木摺+漆喰の家  耐久性 ホウ酸

◆ Y’sの家づくり【5】 木摺+漆喰の家  耐震・制振ダンパー

◆ Y’sの家づくり【4】 木摺+漆喰の家  遮熱+二重野地(通気)

◆ Y’sの家づくり【3】 木摺+漆喰の家  上棟

◆ Y’sの家づくり【2】 木摺+漆喰の家  基礎

◆ Y’sの家づくり【1】 木摺+漆喰の家

 

 

 

これからもワイズでは、湘南の建築を創造していきます。


コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /export/sd203/www/jp/r/e/gmoserver/9/5/sd0210595/ys-no1.net/contents/wp-content/plugins/socialize-it/inc/SocializeIt.php on line 65