25/1/29!瀬戸漆喰・説明講習会

ワイズでも、湘南地区で新築、改築時問わずに標準で採用している、瀬戸漆喰+木小舞パネルの説明講習会を全国4ヶ所で行います。首都圏では、2013年1月29日東京会場は『自由学園明日館』にて行います。講師は、最先端で数々の認定
[…]...

上棟 Y'sの家づくり【3】 木摺+漆喰の家…

上棟

基礎が完成し、いよいよ上棟を迎えます。現場に、続々材が搬入されていきます。この建物は在来工法と言い現在では一番多い工法です。
在来工法とは、木造軸組法とも言い、耐力壁である筋交いなどや耐震金物などを用いて、壁量を確保する
[…]...

基礎の話 Y'sの家づくり【2】 木摺+漆喰…

この建物で採用している基礎の工法は『ベタ基礎』と言います。
ベタ基礎は、現代の建築では最も一般的に使用されている工法とも言えます。
まずはじめに土地の地盤調査を行います。Y’sでは、調査結果に応じて物件たびに
[…]...

⑬仕上げ 蜜蝋ワックス

湘南 ワイズ

床の仕上げは、工務店の会でもお世話になっている、小川耕太郎∞百合子社の『未晒し蜜ロウワックス』にて仕上げをします。このワックスは、勿論、自然材料のみで作られていて、環境にも、人体にも影響が無い仕上げ材です。人が素肌で触る
[…]...

⑨左官 伝統の技

左官 瀬戸漆喰
瀬戸漆喰での下地が完成しました。10日ほど、養生期間をとります。『木摺パネル』に塗った直後は、杉材の灰汁が染み出しますが、時間の経過と共に消えます。
この下地の上に、内部は『瀬戸漆喰』、外部は『本漆喰』に
[…]...

⑧左官 瀬戸漆喰

『木摺パネル』が張れた後、左官職人が、瀬戸漆喰(高強度漆喰→詳しくはこちら)を下地として塗っていきます。
ベニヤ合板下地に新建材の左官材料を塗るより、木摺にしっかりと塗り事により、十分な塗厚も確保出来、施工性も良いと感じ
[…]...

麻紙-masi- 

 
麻紙(まし)とは、麻(あさ)の繊維を原料とした紙です。麻布や生の麻繊維を使って紙を漉(す)く技法は、最も古い形態として考えられており、
日本では奈良時代から重要な公文書の原紙(黄紙)や写径の材料として使われてきました
[…]...

“波輝・凪”-瀬戸の多島美シリーズと瀬戸漆喰

広島で生まれた天然素材100%で出来た塗り壁材『瀬戸漆喰』より
名古屋で50年以上続く、伝統ある左官技術を持つ左官屋『勇建』が開発した瀬戸漆喰の仕上材。
設計施工だけでなく、古民家再生や土壁の施工をも行っている、とても素
[…]...

⑥遮熱シート+通気層

今回の建物は、勾配天井+化粧(野地板)になります。小屋裏の空間が取りづらい為、夏場などは高温になりやすいのを低減させる為に、Y’sでは勾配天井時には、下地野地の上に、『遮熱シート』を敷き、上野地+屋根材葺きを
[…]...