⑦木摺パネル

屋根の下地まで完了し、雨が降っても室内に雨水が入らない状態まできました。次の工程は瀬戸漆喰(高強度漆喰→詳しくはこちら)を塗る為の下地『木摺』造り

になります。木摺は杉材で、Y’sラボにて、職人が1枚1枚、手作りでパネル状にし、『木摺パネル』にしていきます。

『木摺パネル』を瀬戸漆喰の下地として、建物の内外に張付けていきます。


木摺パネルだけでも十分に仕上げに見えてしまうほど、隅々まで丁寧に張っていきます。湿気に弱く、耐久性に劣る、ベニヤなどの工業製品に頼ることなく、

日本古来から使われている木摺下地を進化させた物が『木摺パネル』です。現場での施工性も格段に増しますので、業者の方も是非お使い下さい。

これからもワイズでは、湘南の風土に合う、建築を創造していきます。

Y’sでは、『木摺パネル』の製作・販売も行っています。詳しくはお問合せ下さい。

これからもワイズは、湘南の建築を創造していきます。

 


コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /export/sd203/www/jp/r/e/gmoserver/9/5/sd0210595/ys-no1.net/contents/wp-content/plugins/socialize-it/inc/SocializeIt.php on line 65